GIANT CONTEND 入荷です!

2017より投入されたCONTEND(コンテンド)
TCRの走行性能と 乗り心地重視のDEFYの乗り味を良いトコ取りした
全く新しいアルミロードバイクですimg_7790img_7800

img_7781フレームはカーボン風な造形
見た目だけでなく加速性能にも大きく貢献しているそう
最近「カーボンは軽いけど寿命が」という意見をお客さんから聞きます
実際そんなに短期間でカーボンフレームがダメになるわけではないでしょうが
アルミの安心感 ちょっとだけ見直されている気がしますimg_7785

アルミフレームですがフロントフォークとシートポストは当然のようにカーボン
シートポストはかまぼこ型のD-FUSEタイプ
後ろ側にしなる事によって乗り心地をよくしますimg_7794
このバイクの大きな特徴であるディスクブレーキ
CONDUCTシステムと言って ステム付近まではワイヤー引き
この装置の先はオイルディスクという セミオイルディスクとでも言いましょうか
かなり変わった形になっています
利点は普通のブレーキレバーを使えること。
リーズナブルにオイルディスク化できることでしょうimg_7784 img_7778

現状シマノでも上位グレードにしかロード用油圧ディスクの
レバーはラインナップされていないので油圧ディスクの敷居は高いわけですが
MTBをかじっている人なら ワイヤーとオイルのディスクブレーキ
「あまり変わらないからワイヤーでもいいよ」なんていう人は絶対にいないはず
それぐらい油圧ディスクにはアドバンテージがあります
この流れはディスクロードでもすぐにやってくることでしょう

引きの軽さ、カッチリ感は素晴らしいです
お店に来て 実際レバーを握ってみてください

img_7798

CONTEND SL1 DISC 167400円