息子と一緒に輪行!してきました

息子(6歳 年長さん)とふたりで はじめての輪行
日帰りで三角町へ行ってみました

私自身、輪行初体験だったので分からないことだらけ
とても貴重な旅になりました

輪行とは自転車を袋に入れ電車などに積んで、目的地に着いたら
組み立てて走り出す そんな楽しみ方です
輪行袋 という自転車を入れるための専用の袋が売られています

 (店内で練習中)

輪行なら自転車だけでは到底無理な遠いところにも行けるのが魅力ですね
こんな遊び方もあるんだと参考に・・ いや参考にならないかもしれないけど(笑)
珍道中 見てってください

ルートは熊本電気鉄道(菊電ね)で自宅最寄り駅から上熊本まで
乗り換えて 上熊本駅から熊本駅までJR鹿児島本線
熊本駅から三角線に乗り換え三角駅まで

どうなりますか さ、旅の始まりです

自宅から菊電最寄り駅までは500mぐらい
近いんですが輪行バッグに入れて歩くには遠い
なのでそこまでは乗っていきそのまま乗車
熊本電鉄車内 熊本電鉄は自転車をそのまま乗せることができるんです
これもっと皆さん活用するべきです 楽しい使い方いっぱいできます

上熊本駅で輪行開始

輪行が完了するとこの状態
きちんと袋の中に納めなければいけません
ハンドルやサドルが出ているとダメです JR乗せてくれません
ほかの乗客の安全もありますからね

 


旅の序盤、熊本駅に降り立ったところですがすでに激しく後悔しています
あまりの重さに絶句 肩がもげそうです。
1台は子供車、私のはカーボンのマウンテンバイクで軽い とはいえ
自転車を2台抱えて歩いたことあります? わたしゃありません
こんなに困難だとは思いませんでした

置いてもデカくて迷惑
デカくて重くて大変です
少しでも軽いロードにするべきでした(笑)

熊本駅からはそう 三角線で観光と言えば「A列車で行こう」でしょう
乗るっしょ

この短い旅を計画したのも「あー・・ なんつーか・・  A列車のりてー」と思ったからでした

車内に入るともうこれは間違いなく水戸岡ワールド
オシャレなバーカウンターもあり
デコポンハイボールや地ビールの販売もあります

このシャレオツなバーカウンターで息子が注文するのはもちろん..
JR名物硬いアイス! (テーブルにドーナツの破片が笑)

 寒くてもアイス ブレないなコヤツ 楽しそうでよかったです

「高級生デコポンジュース600円みたいなものしかないかも」と話していたのですが
ちゃんとカルピスウォーター140円も売っていました

A列車内では、アテンダントさんと運転手さんが相談し
自転車の置き場所を座席とは別な場所に確保してくれました。

あの忌々しいほどにクソ重い 自転車の存在を忘れて楽しく過ごせました
ありがとうJR

三角駅到着

昼ご飯は大番というお店
FACEBOOKでお友達に聞いたオススメの店 おいしいお寿司でした

三角西港 この手の古い建物私大好きなんです
たまらんです

熊本市内にもジェーンズ邸という似たような建物があったのですが
地震で見る影もなく倒壊。 残念だけどこれも歴史のひとつ。

三角西港は世界遺産に認定されたらしいです
あちこちに書いてありましたもん
石造りの波止場とかかな 詳しくはググってください(丸投げ)
せっかくなんで1号橋の隣の 工事中の新しい橋を見てみようと
1号橋を渡ってみました
あと何年で出来るか知らないですが この子が大きくなる頃には開通するでしょう
その時に「あの時の橋だ」と思いだしてくれたらうれしいなと
日産キャラバンのCMにも出てきますね
https://www.youtube.com/watch?v=tyMjwU1UTbk

でもこれ大失敗でした。

橋の上は歩道がこれだけ(オレンジの線を書き足しました)
写真では見づらいですが歩道と車道の間には20cmほどの段差があり
子供がフラっとしたら怖くて 乗せずに歩かせました
でも歩くと遥か下にある海がちらちら見えてしまい これまた怖い
そして橋は長い。
「なんでこんなところ僕に行かせたの?」と子供に責められました

ロードバイクで車道を走るにしても相当怖いのではないかと思います
まず橋の手前の道路は路肩もない 両側とも。
歩道はあったようですが階段があり自転車では使えない
クルマの事しか考えてない道路は解せません
国か県か分からないけど改善を求めます。
天草はサイクリングに、とっても良い場所だと思うんです ここが天草の玄関でしょ?
ちょっと言い方が厳しくなりましたが強く思いましたので。


さ、続き

一号橋を渡りきった右側に昔からある けど行ったことないおみやげ屋さんに立ち寄り
店主の方と立ち話。  作っているのは新1号橋ではなく有料道路らしいですね
一号橋往復して三角駅に向かいます

三角駅に到着し時刻は3時ちょうど
お、これから帰ったらいい感じの時間じゃないの?

しかし!

3時台の列車は無し!

調べて行きゃ良かったんですけど、電車に合わせて焦るのも嫌だと思ってですね
わ、わざとです
神様がのんびり行きなさいと私に与えてくれた貴重な時間だと思(泣きながら)

帰りの三角線の車内は暖かく程よい揺れ、途中からの記憶がありません
ふたりで寝てしまったようです

4時に三角を出たわけですから5時頃熊本駅
人の多い時間になってしまいました

上熊本で輪行袋から出すつもりだったんですが
袋から出す気力もなく そのまま菊電に乗車
というのもここまでに

分解して袋に詰める(上熊本) 体感30分ぐらい

袋から出し組み立てる(三角駅)サイクリング開始

分解して袋に詰める(三角駅)サイクリング終了

さぁもう一度組み立てね ってもうね超めんどくさくなりました
ここで嫁にクルマで迎えに来てもらおうかと500回ぐらい考えたのですが
せっかくの自転車トリップ
なにか台無しになってしまいそうな気がしたので組み立てることに。


最後は息子が撮影 仕方なく組み立てを開始する私が写っております

組みあがり駅を後にする頃には暗くなってました

 

今回の旅
小中学生のころ 友達と自転車であちこち行っていたときのことを思い出して
とんでもなく楽しかったです
知らない土地を走るというのはほんとに新鮮で。
いや知ってる場所だけど知らない場所のようなね

輪行の大変さもよく分かりましたが
たくさんの人に譲ってもらったり 話しかけてもらったり
クルマでは絶対に味わえない 電車だけでも体験できない楽しい時間でした
ついてきてくれた息子に感謝です。